今週の天気 週の初めは「酷暑」

tenki.jp
日本列島は発熱か。きょう(22日)も晴れて、5月としては酷暑の所も。北海道は帯広市などで3日連続の真夏日に。岩手県盛岡市は今年初の真夏日で、東京は今季一番の暑さ。きょう(22日)は、北海道から九州まで広い範囲で晴れて、暑さが続きました。
その中でも注目なのが北海道です。
十勝地方の帯広市や足寄町(あちょろちょう)などで、3日連続の真夏日になりました。
北海道は22日も十勝地方(帯広市など)や網走地方(北見市など)、上川地方(旭川市など)を中心に暑くなりました。

北海道が暑いわけ

ここ数日、北海道はかなり暑くなっていますが、その理由は…
①「上空の気温が高い」
⇒上空1500メートル付近で言うと、この時期の北海道は5~6度くらい。
今は15度くらいの暖かい空気が流れ込んでいる。(これは真夏並み)
②「晴天」
⇒晴れて、強い日差しで、気温が上がる。
③「フェーン現象」
⇒暖かい(暑い)空気が高い山を吹き降りて、気温が更に高くなる。
④「前日までの暖かい空気が残っている」
⇒ベースとなる気温が高く、気温が上がるぺースも速い。
あす(23日)以降は、上空の暖かい空気が南下するため、極端な暑さとまではいきません。
最高気温が30度以上の真夏日になる所はない見込みです。
なお、25日頃は気温が低くなりそうです。
ここ数日との気温の差が大きくなりますので、体調を崩さないよう、お気をつけください。

東北~九州も暑い

きょう(22日)、東京都心の最高気温は29度3分で、今季一番の暑さになりました。
東北から九州も28度前後まで上がり、盛岡市や前橋市などでは今季初めての真夏日になりました。
空気はカラッとしていますが、日差しが強いため、気温以上の暑さでした。
東北から九州の暑さのピークはあす(23日)になる見込みです。
こまめに水分を摂るなど、引き続き熱中症にご注意ください。

久々の雨

しばらく晴れの天気と暑さが続いていますが、あさって(24日)頃からは状況が変わってきます。
気圧の谷や湿った空気の影響を受けるでしょう。
雨の降る地域は、24日は、九州や四国、中国地方。
25日は、四国や中国地方、近畿、東海に加えて東北や北海道。
26日は、九州から北海道⇒この日はザーっと局地的に雨脚が強まりそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック