関東 明日は強風 交通機関の乱れ注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 明日は強風 交通機関の乱れ注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

11日の関東は「春の嵐」で、2週連続「強風の水曜日」。朝から広い範囲で風が強まり、荒れた天気。沿岸部は夕方まで風が吹き荒れそう。高速道路や電車の運行に影響の恐れ。

2週連続して「強風の水曜日」

明日11日は、5月に入って2回目の水曜日ですが、関東は2週連続して「強風の水曜日」になりそうです。
先週の水曜日、4日は、東京で、最大瞬間風速21.6メートルの強い風が吹きました。
強風によって、木が倒れたり、電車が遅れるなど、交通機関にも乱れがでました。
そして、明日11日も、また風が吹き荒れて、先週水曜日よりも風が強まる恐れもあります。
原因は、関東の北を進む低気圧。
この低気圧に向かって、風が吹くので、関東では南風が強まるでしょう。

風が吹き荒れるピークは

風が強まる時間は、早い所では、10日火曜日の夜からですが、
広い範囲で強く吹くのは、11日水曜日の朝からで、風のピークは、昼頃の所が多いでしょう。
下の東京・千代田区の予報をみてみますと…
一番風が強いのは、11日水曜日の12時頃で、10メートルの南風が予想されています。
【豆知識】
風は、強くなったり弱くなったりを繰り返して吹いているので、瞬間的には、この1.5倍~2倍の強い風が吹き荒れる恐れもあります。
また、都心では、ビルによって、風向きが変わったり、風が強まる所もありますので、注意が必要です。
雨の予想は「小雨」ですが、油断しないで下さい。

風の強まる時間 = 朝の通勤・通学時間

そして、今回は、風がだんだん強まる時間帯が、ちょうど、朝の通勤や通学の時間帯と重なるのがポイントです。
特に、沿岸部を通る高速道路や、海からの横風をまともに受けるような電車の区間では、強風の影響を受ける恐れがあるでしょう。
また、強い風によって、物が飛ばされたり、歩きにくくなることも考えられます。
明日の朝は、少し早起きをして、時間に余裕をもってお出かけするのが、良さそうです。

関東の沿岸部 お帰りの時間まで強風続く

さらに、千葉県銚子市など、関東の沿岸部では、強風の影響が長引く恐れもあります。
下の千葉県銚子市の予報をみてみますと…
風速10メートル以上を予想している時間帯が、18時頃まで続くでしょう。
風のピークの時間が過ぎても、影響が長引くことも考えられます。
11日水曜日は、雨よりも強い風に、十分お気を付け下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい