10日 九州は大雨のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

10日 九州は大雨のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
10日午前9時の予想天気図

10日午前9時の予想天気図

あす10日は、九州に低気圧が接近し、湿った空気の流れこみが強まるため、九州では激しい雨が降るおそれがあります。地震による揺れが強かった地域では土砂災害への警戒が必要です。
熊本地震の影響で、大雨警報・注意報などの発表基準が引き下げられている地域があり、普段以上に大雨への警戒が必要となっています。

あす10日 九州は大雨の恐れ

あす10日も前線が九州付近に停滞します。さらに東シナ海の前線上に新たに低気圧が発生し、九州に近づく見込みです。これに伴って、九州への湿った空気の流れ込みが強まるため、九州は激しい雨が降るおそれがあります。
地震による揺れが強かった熊本県、大分県を中心に、地盤が緩んでいると見られるため、土砂災害への警戒が必要となります。

警報などの基準引き下げ

熊本地震による揺れが強かった地域では、地盤が緩み、普段より土砂災害が起こりやすくなっていると見られます。このため、現在、熊本県や大分県、さらに福岡県、佐賀県、長崎県、宮崎県のそれぞれ一部の地域で、大雨警報・注意報や土砂災害警戒情報の発表基準が引き下げられています。
また、熊本県では堤防などが被害を受けているところがあることから、熊本県の一部地域で洪水警報・注意報についても発表基準が引き下げられています。
梅雨にかけてさらに雨が多い季節を迎えますが、普段以上に大雨に対する警戒が必要となっています。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい