九州 ゴールデンウィークの天気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 ゴールデンウィークの天気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

熊本地震が発生して、きょうでちょうど2週間です。九州は先週後半から南海上に前線が停滞し、曇りや雨の日が多く、まるで梅雨時のような天気が続いていますが、あす29日からようやく天気が回復する見込みです。
ゴールデンウィークは天気が周期的に変化し、これまでより晴れる日も多くなるでしょう。ただ、気温の変化が大きくなりますので、体調管理に注意が必要です。

九州 ゴールデンウィークの天気傾向

ゴールデンウィークは天気が周期変化する見込みです。
29日(昭和の日)は、各地で青空が戻るでしょう。ただ、朝晩は冷え込みが強まる見込みです。
30日(土)から5月1日(日)は、おだやかに晴れて、日中は一気に気温が上がる見込みです。最高気温は25度を超える所が多くなり、汗ばむ暑さになるでしょう。
5月2日(月)から天気が下り坂に向かい、5月3日(憲法記念日)は気圧の谷の通過で雨が降り、まとまった雨量になる可能性があります。
そして、5月4日(みどりの日)と5月5日(こどもの日)は晴れますが、6日(金)から7日(土)は前線の通過で再び雨が降る見込みです。

九州のゴールデンウィーク 天気のポイント

ゴールデンウィーク期間は気温の変化がたいへん大きくなりますので、体調管理に注意が必要です。
29日(昭和の日)、30日(土)は朝晩の冷え込みが強まり、内陸部や山間部は最低気温が10度を下回る所があるでしょう。熊本県の阿蘇では30日(土)の最低気温は3度前後となり、寒い朝になる見込みです。急な冷え込みで体調を崩さないよう、朝晩は十分暖かくしてお過ごし下さい。
また、30日(土)の日中から次第に気温が上がり、晴れる日は一気に汗ばむ暑さになります。特に車の中は高温になりやすいですし、作業などする際はこまめに水分を補給しましょう。
そして、5月3日(憲法記念日)、6日(金)から7日(土)は、雨が降りますので、地震の揺れが大きかった地域は再び土砂災害に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい