雨の範囲広がり 薄着ではヒンヤリも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雨の範囲広がり 薄着ではヒンヤリも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

26日(火)は夏日地点が今年最多になりました。この陽気は長続きせず、27日(水)は西から天気が下り坂。28日(木)は広く雨で、東京も上着がないとヒンヤリに。そのあと朝晩は冷える日も。

今回の雨は1日半程度続く

26日(火)は広く晴れて、大阪や福岡など所々で今年一番の暑さとなりました。
夏日(最高気温が25度以上)地点は今年最多となり、広く汗ばむ陽気でした。
ただ、この初夏の陽気は26日(火)まで。
27日(水)は西から天気が下り坂になるでしょう。
28日(木)は九州から東北にかけて、広く雨が降る見込みです。
29日(金)、昭和の日も関東から北では午前中を中心に雨の残る所が多いでしょう。
このところは、わりと短い時間に雨が強まることが多くなりましたが、上の図の通り、今回の雨は一日半程度続く所が多く、雨が比較的、長引きそうです。
特に、九州では雨量が多くなる恐れがあり、被災地では土砂災害に警戒が必要です。

薄着ではヒンヤリも

27日(水)は暑さはトーンダウンしそうです。
26日(火)は広く夏日となりましたが、27日(水)は夏日の所はグッと少なくなるでしょう。
平年並みの気温に落ち着きそうです。
28日(木)は日中も雨の降る所が多く、気温の上がり方も鈍くなるでしょう。
関東から西も最高気温は20度に届かない所が多くなる見込みです。
東京の最高気温は17度と、上着なしではヒンヤリしそうです。
この雨のあとは、冷たい空気が流れ込んできます。
29日(金)には西から天気が回復に向かい、晴れ間が戻りますが、26日(水)までほどは気温が上がらないでしょう。
30日(土)の朝は冷えて、東京や名古屋、大阪でも最低気温が10度を下回りそうです。
1日(日)になると、次第に初夏の陽気になるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい