九州はつかの間の晴天、週末崩れる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州はつかの間の晴天、週末崩れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
九州各地で気温上昇

九州各地で気温上昇

きのう(21日)は大雨が降った九州ですが、きょう(22日)は天気が回復しました。強い日差しを受けて、最高気温25度以上の夏日になったところもありました。
しかし、あす(23日)には天気は下り坂に向かい、あさって(24日)にかけてまとまった雨が降るおそれがあります。熊本県や大分県を中心に、地震の揺れが強かった地域では地盤が緩んでいるため、土砂災害に対して引き続き十分な警戒が必要です。

きょう(22日)の九州は青空

きのう(21日)、九州に大雨を降らせた前線は、きょう(22日)は鹿児島県の奄美付近に南下し、九州は日中、おおむね晴れました。きょう(22日)の最高気温は23度くらいの所が多く、内陸や九州南部を中心に25度以上の夏日の所がありました。午後3時までの最高気温は熊本県の熊本市は23度3分、阿蘇市乙姫は21度1分、南阿蘇村は22度3分など4月終わりから5月上旬並みの陽気の所が多くなりました。

九州、あす(23日)は下り坂へ

あす(23日)は九州の南の前線がゆっくり北上するでしょう。あす(23日)の九州は雲が厚みを増し、午後には次第に雨が降りだす見込みです。一連の地震で揺れが大きかった熊本県や大分県を中心に地盤が緩んでいる所は、少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがありますので、山崩れやがけ崩れなどの土砂災害に警戒が必要です。
あさって(24日)は東シナ海の前線上に低気圧が発生し、次第に九州に近づいてくるため、まとまった雨が降るおそれがあります。

来週もぐずついた天気

25日(月)以降も九州の南に前線が停滞し、ぐずついた天気が続く見込みです。しばらく雨の日が多いため、地盤がさらに緩むおそれがあります。被災地など地震の揺れが大きかった地域は、土砂災害に引き続き警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい