春に三日の晴れなし 荒天や大雨も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春に三日の晴れなし 荒天や大雨も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
週末にかけての天気は画像をクリック

週末にかけての天気は画像をクリック

火曜日は全国的に晴れますが、春の晴天は長続きしません。水曜日から木曜日は広い範囲で雨に。風も強まり、雨の量が多くなる所も。日曜日も再び広く雨が降るでしょう。

火曜日の天気は?

この先は全国的に天気の変化が早くなりそうです。
11日(月)は西高東低の、いわゆる冬型の気圧配置となり、北国では雪化粧をした所もありました。
12日(火)は冬型が緩み、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。
北海道から北陸の雪や雨もやんで、全国的に日差しが届く見込みです。
強い風も収まるでしょう。
ただ、風が収まる分、朝は冷え込みが強まります。
朝の最低気温は、11日(月)より5度前後低くなる所が多いでしょう。
東北から九州北部の広い範囲に「霜注意報」が発表されています。
詳しくは、下記リンクの吉田予報士の記事「明日の朝 強い霜が降りるくらい冷える」をご一読ください。

水曜日から木曜日の天気は?

ただ、高気圧の中心は足早に日本の東の海上へ移動します。
13日(水)には、西から前線や低気圧が近づくでしょう。
九州は朝には雨の降り出す所があり、夕方以降は活発な雨雲がかかる可能性も。
雨の範囲は次第に東へ広がり、近畿や東海、北陸も夜は各地で雨具が必要になるでしょう。
日付が替わる頃には関東から北海道も雨の降る所が多くなりそうです。
また、全般に南よりの風が強まります。
横なぐりの雨となる所もあるでしょう。
14日(木)は、活発な雨雲のエリアも東へ移動します。
低気圧や前線の動きによっては、近畿から関東周辺で朝の通勤・通学の時間に荒れた天気となる恐れもあります。
強い雨や風の詳細は、今後の日直予報士の記事でご確認ください。

週末の天気は?

これらの低気圧や前線の動きは早く、15日(金)は再び高気圧に覆われ広く晴れる見込みです。
ただ、16日(土)には次の低気圧や前線が日本に近づく予想で、17日(日)は雨の降る所が多くなるでしょう。
この先はまさに「春に三日の晴れなし」です。
荒れた天気や大雨となる恐れもありますので、最新の気象情報をこまめにチェックしてくださいね。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい