関東 初夏の陽気は日曜まで 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 初夏の陽気は日曜まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
関東各地の詳しい気温や天気は画像をクリック

関東各地の詳しい気温や天気は画像をクリック

11日(月)の天気と予想気温

11日(月)の天気と予想気温

12日(火)の天気と予想気温

12日(火)の天気と予想気温

10日(日)も関東地方は初夏の陽気が続くでしょう。日中はシャツ一枚でも快適に過ごせそう。ただ、11日(月)と12日(火)は、晴れても気温の上がり方は鈍く、昼間も上着が必要に。

土曜は関東で初の夏日 暖かさいつまで?

9日(土)の関東地方は広く今年一番の暖かさに。
群馬県の館林市の最高気温は25度2分と、関東で今年初めて最高気温が25度以上の「夏日」となりました。
そのほか、熊谷24度6分、東京都心23度5分、宇都宮23度3分など、5月中旬から下旬並みに。
昼間は上着が邪魔になるくらいでした。
10日(日)も、晴れて、最高気温は22度前後の予想。
各地で初夏の陽気が続くでしょう。

寒の戻りは?

ただ、このまま暖かさが続くわけではありません。
11日(月)になると、この時期としては冷たい空気が流れ込んでくるでしょう。
日差しが届いても、気温の上がり方は鈍くなりそうです。
最高気温は15度前後と、3月中旬から下旬並みに。
初夏の陽気は一転、春の彼岸の頃の気温まで、約2か月分、逆戻りするでしょう。
暖かさに慣れた体には、思いのほか空気がヒンヤリと感じられるかもしれません。

火曜の朝は冷える

12日(火)の朝は、各地とも冷えるでしょう。
内陸部では朝の最低気温(青い数字)が3度前後と、霜が降りるくらい冷える所もありそうです。
早朝の通勤や通学は手袋やマフラーが必要に。
都心は6度の予想で、4月に入って一番低くなる可能性があります。
日中もヒンヤリとした空気に包まれ、最高気温(赤い数字)は15度に届かない所が多いでしょう。
ストールや、カーディガンなどを活用しましょう。

ヒンヤリはいつまで?

ただ、寒の戻りは一時的。
13日(水)は曇りですが、南よりの風が吹くため、気温は20度近くまで上がるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい