花嵐 強風で交通機関に影響も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

花嵐 強風で交通機関に影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
全国各地の詳しい天気は画像をクリック

全国各地の詳しい天気は画像をクリック

7日(木)の天気

7日(木)の天気

7日(木)は春の嵐。全国的に南よりの風が強まり、交通機関に影響が出る恐れも。また、局地的な激しい雨、落雷、突風にも注意。満開を数日過ぎた桜にとっては花散らしの風や雨となりそう。

花散らしの風や雨に

きょう6日(水)は高気圧に覆われ、晴れた所が多くなりました。
東北南部から九州は気温も20度前後まで上がり、お花見日和に。
あす7日(木)は一転、春の嵐となるでしょう。
前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を北東へ進む見込みです。
このため全国的に雨で、低気圧や前線の通過時を中心に降り方の強まる所があるでしょう。
また、南よりの風が強まりそうです。
九州から関東では、満開になってから数日たっている桜が多く、この風や雨は花散らしとなるでしょう。

風や雨の強さはどのくらい?

上の図は、各地方ごとの雨や風のピークです。
九州から近畿では、朝の通勤・通学の時間帯に、すでに風が強まっており、横なぐりの雨となっている所も。
交通機関に影響が出ている可能性もあります。
少し早めに起きて、交通情報をチェックするとよいでしょう。
また、前線が通過する午後は、局地的な激しい雨や落雷、突風などにも注意が必要です。
東海や北陸、関東は、明け方までは風が比較的弱いものの、急に強まってきます。
昼ごろからのピーク時は、傘を差すのは危険なくらい。
風に押されて転倒する人も出るほどです。
沿岸部では何かにつかまっていないと、立っていられないくらいの所もあるでしょう。
特に夕方以降の帰宅時間帯は、交通機関の乱れも予想されます。
また、東海や北陸、甲信では、夕方から夜に雨脚が強まるでしょう。
低気圧に近い東北と北海道は強い風の時間が長くなりそうです。
南よりの風は、8日(金)には北から西よりに変わるでしょう。
東北では、あす7日(木)夕方から夜にかけて雨の降り方が強まる見込みです。
なお、風や雨のピークは、低気圧の進路や速度などによって変わる可能性があります。
お出かけの際は最新の情報をご確認ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい