北海道や東北 暴風雪に要警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道や東北 暴風雪に要警戒

tenki.jp
天気のポイント

天気のポイント

きょうは発達した低気圧と冬型の気圧配置が強まるため、低気圧に近い北海道は夕方までは見通しがきかない猛吹雪や積雪が一気に増える所も。東北の日本海側は昼過ぎにかけて暴風雪に要警戒。

北海道 外出は危険

きょうは発達した低気圧と冬型の気圧配置が強まるでしょう。低気圧に近い北海道は今朝にかけては、日本海側南部を中心に猛吹雪となっています。このあとは低気圧が北海道を通過するため、オホーツク海側でも夕方までは見通しがきかない猛吹雪や積雪が一気に増える所があるでしょう。車の運転は危険です。きょうの外出はできるだけ控えた方が良さそうです。東北の日本海側も昼過ぎにかけて暴風雪に警戒してください。北陸から山陰も雪が降るため、山沿いを中心に大雪になる所がある見込みです。一方、本州の太平洋側や四国、九州、沖縄は日中は広く晴れる見込みです。ただ、全国的に風が強めに吹くので、車の運転などはご注意ください。

3月なのに真冬並みの寒さ

全国的に冷たい空気にすっぽりと覆われます。太平洋側は日差しがたっぷりですが、気温はあまりあがらないでしょう。きょうから3月ですが、各地で真冬並みの寒さとなりそうです。北風が強めに吹くので、体感温度は実際の数字以上に寒いでしょう。マフラーや手袋を活用し、防寒をしっかりしてお出かけになってください。

けさの仙台市 広瀬川も雪化粧

仙台は雪の朝となりました。7時現在の積雪は6センチ。気温は-1・5度。7時すぎには大雪注意報も出されました。北海道や東北の太平洋側も午前中は雪が降り、ふぶく所があるでしょう。午後は晴れてくる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい