北日本を中心に次第に荒れてくる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北日本を中心に次第に荒れてくる

tenki.jp
実況天気図

実況天気図

天気予報

天気予報

きょう29日は、低気圧が急速に発達しながら日本海から北海道付近へ進み、寒冷前線が本州を通過する。全国的に風が強まり、北海道や東北は暴風や猛吹雪、大雪、高波に警戒が必要。

全国的に雨や雪、風が強まる

北海道付近を低気圧が発達しながら通過し、本州を寒冷前線が通過します。各地で大気の状態が不安定になるでしょう。また、寒冷前線が通過した後は、次第に冬型に変わる見込みです。南風から北風に急変するため、北日本と東日本は気温が大きく変動しそうです。
北海道は広い範囲で雪やふぶきとなるでしょう。風が強まり、海上は次第にしけてくる見込みです。あす(1日)は冬型の気圧配置になるため、日本海側では猛烈にしける所があるでしょう。大雪や猛吹雪、暴風や高波に警戒してください。
東北や北陸は、日中は南西の風が吹くため、気温が高くなるでしょう。雪ではなく雨の所が多く、雷を伴う所もありそうです。ただ、夜になると次第に冷たい北西の風に変わり、雨は次第に雪に変わる見込みです。今夜からあすにかけては大雪や猛吹雪に警戒をしてください。
関東甲信地方も雲に覆われ、雨が降りやすいでしょう。沿岸部を中心に大気の状態は不安定になるため、雷を伴い雨脚の強まる所がありそうです。落雷や突風、急な強い雨にご注意ください。また、北部山沿いはあすにかけて大雪になる所があるでしょう。
東海は雲に覆われ、昼前後は一時的に雨や雷雨となる見込みです。
近畿から九州にかけての太平洋側は雲に覆われ、あちらこちらで雨や雷雨となるでしょう。夜は雪になる所もありそうです。
西日本の日本海側(山陰や九州北部)は、お昼前後から雨が雪に変わる見込みです。風も強まってくるでしょう。
沖縄は晴れますが、北風が強まるのでご注意ください。

北と東の気温は高め 西は真冬

北日本と東日本は、日中は南風の影響で、3月下旬から4月上旬並みの暖かさの所があるでしょう。最高気温は札幌5度、仙台は14度、東京17度の予想です。ただ、夜になると寒気が流れ込んでくるため、ぐっと冷えるでしょう。寒暖の差が大きくなるのでご注意ください。一方、西日本は、昼前後から真冬の空気が流れ込むため、日中は広い範囲で真冬の寒さになるでしょう。最高気温は広島は9度、福岡は8度の予想です。太平洋側もきのうより5度前後低くなる見込みです。寒の戻りで体調を崩さないようにお気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい