日本気象協会発表 第2回桜開花予想 (1/2) 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本気象協会発表 第2回桜開花予想

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

全国的に真冬のような寒さとなっていますが、季節先取りの「春」の話題です。日本気象協会は第2回「2016年桜の開花予想」を発表。桜前線のスタートまであとひと月ほど。福岡、高知、名古屋、東京で、3月25日頃に一斉にスタートしそうです。

◆桜前線スタートまで、あとひと月

桜前線は3月25日頃に福岡、高知、名古屋、東京(千代田区)から一斉にスタートし、3月末には関東以西のほとんどのエリアに到達する見込みです。
その後も順調に北上し、4月上旬には北陸・東北南部で開花するでしょう。
桜前線が津軽海峡を渡るのは、4月末になる見込みです。

◆3月、4月の気温は平年並みか高め つぼみの準備も順調に

桜の開花は、前年の秋から開花日までの気温が影響します。
晩秋から初冬に冷え込み、春先に暖かくなると開花が早くなります。
昨年の11月および12月は全国的に気温が高くなりましたが、今年の1月後半は、繰り返し強い寒気が流入し、厳しい冷え込みとなりました。

2月は一転して暖かい日が多く、13日に四国地方で、14日に関東と東海、北陸、中国地方で春一番が吹きました。
最高気温は20度を超え、7月上旬並みの陽気となる地域もありました。
この先3月、4月の気温は各地とも平年並みか高めとなる見込みです。
ただ、九州地方を中心に休眠打破(※)の遅れが影響し、開花は平年並みか遅いでしょう。

※休眠打破…前年の夏に形成され休眠に入った花芽が冬になり、一定期間の低温にさらされて目覚めること。

2016年の桜(ソメイヨシノ)は、九州では平年より遅い開花となる所が多いですが、四国・中国・近畿・東海・関東・北陸地方では、ほぼ平年並みの見込みです。
東北地方では平年並みか平年より早いでしょう。
北海道では平年並みの見込みです。
開花日は、福岡と高知、名古屋、東京(千代田区)で3月25日頃、大阪は3月28日頃、仙台は4月8日頃と予想されます。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい