関東夕方以降大荒れ 交通機関に影響も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東夕方以降大荒れ 交通機関に影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
図をクリックすると最新のレーダーにジャンプします

図をクリックすると最新のレーダーにジャンプします

最新のポイント予報

最新のポイント予報

発達した雨雲が西から近づいています。関東地方、雨や風のピークは午後7時~11時頃。土砂降りの雨に加え、沿岸部では何かに掴まっていないと立っていられないような突風が吹く所も。交通機関に影響がでる恐れ。早めの帰宅がおすすめ。

夕方から雨・風強まる 大荒れ

関東地方、今朝は朝焼けがきれいでしたが、朝焼けは天気下り坂の証拠。雨雲が西から近づき、昼前からは広く雨となっています。このあと雨や風は次第に強まり、夕方からはザーザー降りに。沿岸部中心に風が強まり、横なぐりの雨の所も。神奈川県や千葉県など沿岸部を中心に交通機関が乱れる恐れがあります。

低気圧の動き速い!急に雨や風が強まる

まだパラパラ弱い雨の所も油断しないで下さい!低気圧の動きが速いため、夕方からは急に雨や風が強まります。明日の朝までに予想される雨や風、波の予想は表参照。例えば、東京都心の予想雨量は20日のたった一日で70ミリくらいという計算結果もあり。2月の平年の雨量は56ミリくらいなので、たった一日で2月1か月分の雨がザッと降ることに!河川の増水や低い土地の浸水などに注意が必要です。また、沿岸部を中心に風も強まります。神奈川や千葉など沿岸部では立っていられないくらいの暴風が吹く恐れ。ビニール傘や折り畳み傘など、弱い傘は壊れることも。交通機関への影響も注意が必要です。

都心の雨のピークは21時前後

東京都心の雨のピークは21時前後。ザーザー降りで、傘をさしていても足元が濡れるほど。風のピークはそのあと夜遅く22時~24時くらいとなりそうです。今夜は横殴りの雨となりますので、早めの帰宅がおすすめです。無理のないよう、十分に注意しましょう。都心の気温は南風が強まる夜にグッと上がる予想ですが、同じ東京でも南風が入らない内陸部などでは北風のまま推移し、あまり気温の上がらない所もありそうです。
あす21日(日)は天気回復する見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい