全国的に真冬の寒さが続くよ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全国的に真冬の寒さが続くよ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょうも日本列島は冬型の気圧配置が続くでしょう。日本海側は雪や雨で、北海道は猛吹雪に警戒が必要です。全国的に「降れば雪」という冷たい空気に覆われているため、真冬並みの寒さの続く所が多いでしょう。

冬の天気分布

きょうは北海道の北を低気圧が進むため、北日本が中心の冬型の気圧配置になるでしょう。日本海側は広く雪や雨で、カミナリを伴う所もある見込みです。低気圧に近い北海道や東北北部は風が強まり、ふぶきになる所もあるでしょう。特に、北海道は猛吹雪の恐れがありますので、車の運転など交通機関は警戒が必要です。
一方、太平洋側各地は大体晴れますが、大気の状態が不安定なため、所々でにわか雪かにわか雨があるでしょう。九州各地は昼過ぎまで雲が広がりやすく、所々で雨か雪が降る見込みです。沖縄は午前中は曇りますが、午後は晴れる見込みです。
きょうも日本列島は、「降れば雪」という冷たい空気に覆われているため、日差しがあっても気温は上がらないでしょう。北海道は真冬日の続く所が多く、東北や北陸は5度以下でしょう。関東から九州も10度に届かない所が多い見込みです。きょうも冬の装いでお出かけ下さい。

関東から近畿にかけての太平洋側 変わりやすい天気

きょうは上空に寒気を伴った気圧の谷が通過するため、関東から近畿にかけての太平洋側は大気の状態が不安定です。雲が広がりやすく、一時的に雪か雨の降る所があり、変わりやすい天気です。お出かけには折り畳み傘があると安心です。
また、関東は一時的に南風が入るため、きのうに比べて寒さが和らぎます。東京の最高気温は13度と3月上旬並みの予想ですが、油断は禁物です。関東は全般に南風から一転、午後は北風に変わって寒くなってきます。出かける時に暖かく感じても、午後から夜にかけては北風がピューピュー吹きますので、きょうも厚手の上着を着て出かけた方が良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい