一時的に冬型強まる 福岡も雪か雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一時的に冬型強まる 福岡も雪か雨

tenki.jp

6日夜から7日日曜日にかけて冬型の気圧配置が一時的に強まります。寒気が西から入るため、四国や九州北部でも雪の所があるでしょう。また、北海道は8日月曜日にかけて猛吹雪の恐れがあります。吹き溜まりによる交通障害や暴風に警戒してください。

日本海側 福岡まで雪

6日夜から7日日曜日にかけて、冬型の気圧配置が一時的に強まるでしょう。
上空には強い寒気が流れ込んでくる見込みです。
この時間、北海道から北陸、山陰にかけての日本海側を中心に所々で雪や雨が降っていますが、
この雪や雨の範囲が、7日にかけて広がるでしょう。
北日本から西日本の日本海側を中心に、大雪や着雪、なだれに注意が必要です。
<6日夜からの天気のポイント>
●北海道や東北の日本海側
7日にかけて断続的に雪が降るでしょう。風が強まり、ふぶく見込みです。
とくに北海道は発達した低気圧が通過する影響で、8日月曜日にかけて雪を伴って西よりの風が非常に強い状態が続きそうです。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒が必要です。
●北陸から九州の日本海側
北陸は7日の朝にかけて雪でしょう。
寒気が西から流れ込んでくるため、松江や福岡など、西日本の日本海側の地域も、次第に雪が降り出す見込みです。
高松や高知など、四国にも、雪雲がかかる予想です。
また、大気の状態が不安定で、7日の午前中にかけては雷を伴って、降り方の強まる所もあるでしょう。
路面の状況が悪くなる恐れがありますので、日曜日は時間に余裕を持ってお出かけください。
ただ、この冬型の気圧配置は長続きしません。
7日の午後には西から次第に緩んでくるため、雪は次第にやむ所が多くなるでしょう。

太平洋側 風が冷たい日曜日

一方で、太平洋側の各地は、日中は晴れる所が多いでしょう。
ただ、冬の冷たい空気に包まれているため、日差しがあっても気温はあまり上がりません。
東京や大阪の最高気温は9度と、一桁の予想です。
北よりの風も強めに吹いて、寒さが身にしみるでしょう。
日曜日ということで、お出かけを予定されている方も多いと思いますが、風邪などひかないように、しっかりと防寒対策をなさってくださいね。
また、6日夜から関東では、一時的に雪が降る所がある見込みです。(詳しくは下記リンク先、相原予報士の「関東 夜遅くからあす未明まで雪や雨」をご覧ください。)
朝は冷えこむため、路面がツルツルになる恐れがあります。車の運転などはいつも以上に慎重になさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい