今週の天気 厳寒 関東以西で雨や雪も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週の天気 厳寒 関東以西で雨や雪も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
              

              

今日は西日本を中心に春のような陽気の所もありますが、2月1日は各地で冬本来の寒さに。その先も寒さの厳しい日が多く、金曜日頃は関東から西の太平洋側で冷たい雨や雪が降る見込み。

節分まで冬型の気圧配置 晴れる所も風が冷たい

月曜日は次第に冬型の気圧配置となって、水曜日の節分まで続く見込みです。
北海道と東北は日本海側を中心に雪で、北陸から山陰にかけても雪や雨が降ったりやんだりとなりそう。福岡など九州北部も雲が広がりやすく、水曜日は一時的に冷たい雨の降る所もあるでしょう。関東から九州にかけての太平洋側は日差しがありますが、最高気温は10度くらい。さらに、冷たい北風が吹きます。
沖縄は、湿った空気が流れ込みやすく、曇りや雨。月曜日は日中の気温が20度を超え、雨の割には暖かいですが、火曜日は20度に届かず、一転して寒くなりそうです。

立春 束の間の春

4日木曜日は「立春」。日本付近は高気圧に覆われる見込み。北海道から九州、沖縄にかけて広く晴れる見込みです。気温は、北海道と沖縄は、この時期としては高くなる予想。そのほかの各地も、冷たい北風が収まって、日差しの温もりを実感できそうです。

金曜日 本州の南岸に低気圧

金曜日は、高気圧が足早に離れます。本州の南に低気圧が発生して、東へ進む見込みで、広い範囲で傘が必要になるでしょう。本州の南岸を低気圧が進む場合、特に関東は「雨か雪か」の判断が困難。現時点での「東京」の予想は「雨か雪」。低気圧の進路や、発達の度合いなどにより、雨や雪の降るタイミングや降る範囲、降り方、が変わってきますので、情報をこまめにご確認ください。

週末 冬型の気圧配置が強まる 九州にも雪雲

土曜日から日曜日は、冬型の気圧配置が一時的に強まるでしょう。日本海側では、「福岡」など九州北部も含めて広く雪に。北風が強く吹くため、太平洋側でも一時的に雪雲の流れ込む所がありそう。先日、1月24日前後のような大雪にはならない見込みですが、それでも、雪に慣れていない所では、交通機関への影響などに要注意です。
気温は、全国的にグッと低くなります。日曜日の最高気温は、関東から西も10度に届かない予想。風の冷たさが加わって、いっそう寒く感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい