1か月予報 冬の出戻りに注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1か月予報 冬の出戻りに注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
北日本:北海道、東北 東日本:関東~東海 西日本:近畿~九州

北日本:北海道、東北 東日本:関東~東海 西日本:近畿~九州

気象庁は28日、1か月予報を発表。立春に向けて、一時的に春めく所もありますが、2月半ば頃までは冬の寒さが続きそうです。低温に関する異常天候早期警戒情報も発表中。予報期間は1月30日から2月29日です。

気温の傾向 西ほど寒暖差大きく

●1週目(1月30日~2月5日)
北日本は平年並みか低く、寒さが続くでしょう。
東日本は平年並みか高く、西日本や沖縄・奄美では高い見込みです。
西日本以西では、一時的に春の訪れを感じられるかもしれません。
●2週目(2月6日~12日)
北からの寒気が流れ込みやすく、冬の寒さの所が多いでしょう。
北日本は平年並みですが、東日本~沖縄・奄美にかけては平年より低くなる見込みです。
西日本以西では1週目からの気温の変動が大きく、冬の出戻りとなりそうです。
九州南部・奄美と沖縄には、低温に関する異常天候早期警戒情報も発表されています。
2月5日頃からの約一週間、気温が平年よりかなり低くなる見込みです。
体調の管理や、農作物の管理にご注意ください。
※「低温に関する異常天候早期警戒情報」とは、7日間平均気温が「かなり低い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます。
●3~4週目(2月13日~26日)
北日本はほぼ平年並みでしょう。
東日本から沖縄・奄美にかけては平年並みか高い見込みです。
順調に季節は進み、次第に春めくでしょう。

天候の傾向 西ほど日差し少なく

【北日本】
平年と同様、気圧の谷や寒気の影響を受ける見込みです。
降水量、日照時間、降雪量ともにほぼ平年並みでしょう。
【東日本・西日本】
●日本海側
1週目~2週目(1月30日~2月12日)は冬型の気圧配置になりやすく、寒気の影響を受ける見込みです。
このため、曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
3週目~4週目(2月13日~26日)は冬型の気圧配置が長続きせず、雪や雨の日は少ない見込みです。
●太平洋側
1週目~2週目(1月30日~2月12日)は晴れる日が多いでしょう。
3週目~4週目(2月13日~26日)は低気圧や前線の影響を受け、晴れる日は少ない見込みです。
【沖縄・奄美】
低気圧や前線の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多いでしょう。
このため、降水量は平年並みか多く、日照時間は少ない見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい