寒気は弱まり 日本海側の雪は小康状態 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒気は弱まり 日本海側の雪は小康状態

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
26日の天気予報

26日の天気予報

日本列島を覆った強い寒気は次第に弱まるでしょう。西日本の雪や雨は昼頃にはやみ、日本海側の雪も日中は小康状態となりそうです。全国的に寒さが和らぎ、晴れる太平洋側は日差しの温もりが感じられるでしょう。

西日本や日本海側の雪は弱まる

きょうは冬型の気圧配置が弱まり、西から次第に高気圧に覆われてくるでしょう。24日から西日本を中心に日本列島を覆っていた強烈な寒気はきのう以上に弱まっていく見込みです。
沖縄は晴れるでしょう。強い風も収まりそうです。九州は雲が広がりやすく、昼ごろまでは所々で雪や雨が降るでしょう。北陸から北の日本海側の雪や雨は日中は弱まる見込みです。ただ、積雪の増えた所は雪崩が発生しやすいので、傾斜地は注意が必要です。また、夜は北日本を気圧の谷が通過するため、再び雪や雨が降りだすでしょう。あすの朝にかけては雷を伴って、強く降る所もありそうです。風も強まってきますので注意が必要です。中国や四国から北海道にかけての太平洋側は穏やかに晴れるでしょう。風が弱いので、日差しの温もりが感じられそうです。

日差しの多い太平洋側は日差しに温もり

今朝は、東北南部から東海にかけての冷え込みが強く、この冬一番低い気温を更新した所が多くなりました。千葉では氷点下0度6分まで下がり、この冬初めての氷点下となりました。東京も氷点下1度3分と、3日続けて氷点下の朝でした。内陸は氷点下5度以下の所が多く、長野の菅平では氷点下25度6分まで下がりました。
日本海側や雪が残っている所では、雪がガチガチに凍りついて歩きにくい所もあります。足元には十分にご注意ください。
最高気温は全国的にきのうより3度前後高くなり、日中は寒さの和らぐ所が多いでしょう。北海道と東北北部は平年より高めです。札幌はきのうより6度高くなり、真冬日から解放されそうです。東北南部から中国や四国地方は平年並みですが、九州や沖縄は平年を下回る状態が続く見込みです。
あすはさらに寒さが和らぐでしょう。関東から九州の最高気温は10度を超える所が多く、沖縄は20度まで上がる予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい