強い寒気で 西日本は昼前まで雪が続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強い寒気で 西日本は昼前まで雪が続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

東海や西日本の上空1500メートル付近には、氷点下10度くらいの冷たい空気が流れ込んでいます。今朝にかけて名古屋など太平洋側でも雪が降りましたが、この強い寒気の影響で、九州など西日本は昼ごろまで雪が降るでしょう。

西日本は昼前まで雪が降る

今朝の日本列島は非常に冷たい空気にすっぽりと覆われています。強い風により、名古屋など日本海側から雪雲が流れ込みやすい場所では、太平洋側でも雪が降り、積もりました。午前7時の積雪は名古屋は1センチとなっています。また、九州など西日本では昨日から雪が続き、午前7時の積雪は、長崎で14センチ、佐賀7センチ、熊本1センチ、山口7センチ、広島1センチ、松江7センチ、鳥取で6センチとなっています。
上空1500メートル付近の強い寒気は夜にかけて北上するでしょう。このため、西日本の雪は次第に弱まりますが、昼ごろまでは雪が続くので、大雪に注意が必要です。けさはスリップ事故や転倒事故などが多発しています。また、着雪により停電の発生している所もありますので、十分にお気を付けください。

北陸や東北の日本海側は引き続き大雪に警戒

一方、北陸や東北の日本海側は夜にかけても雪が続き、ぶぶく所がありそうです。福島県の只見では午前7時までの24時間に降った雪の量は83センチで、積雪はあっという間に1メートルを超え、現在は160センチとなっています。このあとも夜まで雪が降りやすいので、さらに積雪が増える恐れがあります。一気に雪が積もると傾斜地では雪崩が発生しやすいでしょう。また、雪下ろしで、事故が起きないように十分に注意してください。
あす26日の朝にかけて降る雪の量は、いずれも多い所ですが、東北・北陸は40センチ、関東甲信や近畿は30センチ、東海や中国、九州北部は20センチの見込みです。この後も、積雪や路面凍結による交通障害などに警戒をしてください。

全国的にこの冬一番の冷え込み

今朝の日本列島は非常に冷たい空気に覆われ、北海道から九州や沖縄の広い範囲で、厳しい冷え込みとなりました。沖縄の渡嘉敷は気温が3度7分、鹿児島は氷点下5度3分まで下がるなど、九州や沖縄では多くの所で最低気温が観測史上一番低い記録を更新しました。北海道上川地方の下川町では氷点下31度8分まで下がり、全国で初めて氷点下30度以下となりました。
きょうの日中も気温はあまり上がらず、最高気温は全国的に平年を下回る見込みです。東海以西は最高気温が5度以下の所が多いですが、きのうに比べるといくぶん寒さは和らぐでしょう。
また、あすの朝も今朝同様に冷え込みが厳しくなりそうです。雪が積もっている所はガチガチに凍りつきます。積雪や路面の凍結には十分にお気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい