今週の天気 酷寒から高温傾向へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週の天気 酷寒から高温傾向へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
画面にない地点もクリックするとジャンプします

画面にない地点もクリックするとジャンプします

西日本を中心に大荒れの天気をもたらしている猛烈な寒気は、明日から弱まる傾向です。酷寒からは次第に解放されるでしょう。27日(水)以降は一転して、沖縄と西日本を中心に気温が平年よりかなり高くなる見込みです。今週は気温の変化が大きいでしょう。

冬型の気圧配置 次第に弱まる

今日は西日本や北陸を中心に猛烈な寒気が流れ込んでいます。午後12時現在 長崎13センチ、鹿児島7センチの積雪など、西日本の平地でも雪が積もっています。今後、さらに積雪が増える見込みです。大雪に警戒して下さい。また、雪を伴った非常に強い風が吹き、海上は大しけです。暴風雪や高波にも警戒が必要です。
大荒れの天気をもたらしている猛烈な寒気は、あす以降、次第に弱まるでしょう。26日(火)沖縄は晴れ間が戻り、九州から東北も太平洋側を中心に日差しのでる所が多くなる見込みです。28日(木)にかけて広く晴れるでしょう。
29日(金)から30日(土)は低気圧や前線が本州付近を進み、曇りや雨の所が多くなる見込みです。

異常天候早期警戒情報発表

今日の最高気温は福岡でマイナス1度と真冬日の予想。鹿児島では1度、那覇で10度など、西日本では平年より10度前後低く、各地酷寒となっています。
真冬でもめったにない寒さが続くなか、この先、27日(水)以降は一転して、沖縄と西日本を中心に気温が平年よりかなり高くなる見込みです。曇りや雨でも気温はかなり高いでしょう。29日(金)の最高気温は福岡で16度。鹿児島は21度と、今日との気温差は20度くらいになりそうです。那覇は夏日の予想。東日本も平年並みか高いでしょう。
今週は寒暖の差が大きくなります。体調管理には十分ご注意下さい。また、積雪の多い所では雪どけが進みます。なだれや川の増水などに注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい