大荒れ列島 暴風吹き 今季一の大雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大荒れ列島 暴風吹き 今季一の大雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

日本列島は真冬の嵐となっており、北海道や本州の日本海側を中心に広く今季一番の大雪となりました。西日本の平地でも積雪となっています。全国的に風も強く、暴風が吹き荒れた所もありました。

広く今季一番の大雪

昨日、首都圏に大雪をもたらした低気圧が北海道付近に進み、冬型の気圧配置が強まりました。
日本列島の上空には強い寒気が流れ込んでいます。
北海道は全道的に、本州は日本海側を中心に大雪となっています。
北海道では昨日から網走地方や根室地方、釧路地方を中心に雪が降り積もり、
網走地方の留辺蘂(るべしべ)では昨日から60センチ以上、積雪が増えました。
また、北日本だけではなく、西日本でも雪が降っており、大雪となっている所があります。
広島県の高野も昨夜から60センチ以上、積雪が増えました。
今まで積雪が少なかったところに、一気に雪が降り積もり、記録的な大雪となりました。
西日本の平地でも積雪となっている所があり、午後4時現在、山口市では10センチの積雪となっています。
明日にかけて、日本海側を中心に大雪となり、太平洋側の平地でも積雪となる所がある見込みです。
交通機関への影響に警戒してください。

暴風も吹き荒れた

全国的に風も強まっており、暴風の吹き荒れた所もありました。
未明に北海道のえりも岬では最大瞬間風速45.1メートルを観測。
走行中のトラックが横転してしまうほどの風が吹きました。
そのほか、金沢で29.3メートル、愛媛県の宇和島で28.5メートルの最大瞬間風速を観測し、何かにつかまっていないと立っていられないような風が吹きました。
北海道付近に進んだ低気圧の動きは遅く、明日にかけても風が強く、大荒れが長引く恐れがあります。
猛吹雪や暴風、高波に警戒してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい