暖冬一転 真冬に 都心の正午3度4分 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

暖冬一転 真冬に 都心の正午3度4分

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
日本列島は真冬の空気 詳しい気温は画像をクリック

日本列島は真冬の空気 詳しい気温は画像をクリック

暖かいお正月から一転、きょうは全国的に真冬らしい寒さ。今季最も気温が上がっていない所も多く、明け方に初雪を観測した都心の正午の気温は3度4分。北海道は昼間も広く氷点下です。

北海道や東北は昼も広く氷点下

日本列島は真冬の冷たい空気に包まれています。
正午になっても気温はあまり上がっていません。
上の図はアメダスの正午の気温です。
北海道は広く濃紺の表示。
これは氷点下5度以下の所が多いことを示しています。
正午までに全道で氷点下となっています。
青森や秋田など東北でも多くの地点で正午も氷点下です。
そのほか5度以下を示す薄い青の表示も関東や北陸から山陰にかけてみられます。

関東は年に何度もない寒さ

きょうの関東は、明け方に東京都心と横浜で初雪を観測。
昼前には宇都宮で初雪を観測しました。
関東は正午も日差しがほとんどなく、所々で雨がぱらついたり、雪がちらついています。
気温は5度に届いていない所が多くなっています。
都心の正午の気温は3度4分と、年に何度もない厳しい寒さです。
きのうの最低気温が3度8分でしたから、きのうの朝よりもきょうの昼の方が寒いことになります。

最高気温はこの冬一番低い所も

関東をはじめ、全国的に午後も気温はあまり上がらず、真冬らしい寒さが続くでしょう。
きょうの都心の正午までの最高気温は未明に観測した6度1分で、この冬最も低い最高気温を更新する見込みです。
そのほか正午までの最高気温が今冬一番低くなっている所は、札幌(氷点下6度)、秋田(0度3分)、仙台(2度8分)、金沢(3度5分)、鳥取(4度7分)などです。
この全国的な厳しい冷え込みと寒さは、あすも続くでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい