日本海側はふぶき・太平洋側は青空

tenki.jp

 (07:39)tenki.jp

 (07:39)tenki.jp
きょうは西高東低の冬型の気圧配置になる見込み。ということで、日本海側は雪や雨、太平洋側は晴れという冬らしい天気分布になりそうです。

かかり続ける雪雲・雨雲

けさも日本海側の各地には雪雲や雨雲がかかっています。夜にかけても、雪や冷たい雨が降ったりやんだりでしょう。
東北の日本海側はふぶきになりそうです。午前6時半現在で、北海道や東北地方では日本海側を中心に風雪注意報が発表されています。ふぶきによる見通しの悪さにご注意ください。
また、北陸は、冷たい雨が降ったりやんだりが続くでしょう。雪がまじることもある見込みです。そして、北陸地方は冬が雷シーズンですが、きょうは雷が鳴るところがあるでしょう。雨や雪の降り方が強まることもありそうです。
山陰は、雲が多いすっきりしない天気が続く見込みです。夜は冷たい雨が降ることも。
一方で、太平洋側の各地は青空が広がるでしょう。天気の崩れはなく、お出かけ日和が続きます。

太平洋側は3月の陽気のところも

日本海側の各地は、冬らしい寒さとなるところが多い一方で、太平洋側の各地は3月並みの陽気になる所も。東京は13度と3月上旬並み。日差しがポカポカと感じられそうです。
太平洋側の地域は、空気が乾いていますので、火の元にはくれぐれもお気を付けください。また、のどやお肌のケアもお忘れなく。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック