冬型が続き、全国的に厳しい寒さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

冬型が続き、全国的に厳しい寒さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

アメダス 気温

アメダス 気温

気象衛星

気象衛星

今朝は北海道の全ての観測点で氷点下の冷え込みとなったり、東北南部から近畿にかけては、今季一番の冷え込みになった所が多くなりました。関東の前橋は氷点下0度9分まで下がり、今季初めて「冬日」となりました。

冬型の気圧配置が続きます

日本列島は冷たい空気に覆われているため、
日本海側には雪雲がびっしりと広がっています。
このため、北海道と東北の日本海側は雪でふぶく所もあるでしょう。
大雪や吹雪に注意が必要です。
北陸から山陰地方も雲に覆われ、雪や雨の降る所がある見込みです。
一方、太平洋側各地と山陽、九州は晴れるでしょう。
ただ、北海道と東北は風が強く吹きそうです。
空気が乾燥するので、火の元にも注意して下さい。
また、太平洋側各地や九州は晴れるので、大掃除には良さそうです。
沖縄は雲に覆われ、一時的に雨が降る見込みです。
明日にかけても風が強く、波が高い状態が続きそうです。

日中も全国的に厳しい寒さ

きょうの日本列島は冷たい空気に覆われているため、
日差しがある所でも気温はあまり上がらないでしょう。
最高気温は、北海道から関東にかけては、平年を2度~3度下回る所が多い見込みです。
北海道はのきなみ氷点下。
仙台や新潟は5度くらいまでしか上がらないでしょう。
北海道や東北付近は季節風が強めに吹くため、
体感温度は実際の気温よりも低くなります。
関東地方も10度以下の所が多く、東京は9度と真冬並みの寒さになるでしょう。
西日本も10度前後で、きのうより低くなる所が多い見込みです。
福岡はきのうより5度低い、10度の予想です。
ダウンジャケットに襟元にはマフラーをするなど、
きょうも防寒対策を万全にしてお出かけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい