低気圧急発達 暴風警戒

tenki.jp

 (08:18)tenki.jp

 (08:18)tenki.jp
日本海で低気圧が急速に発達する見込みです。低気圧に近い、北陸や東北、北海道は暴風や高波に警戒が必要。あさってにかけて全国的に風が強まるでしょう。

立っていられないほどの風

あすにかけて予想される最大瞬間風速です。
北海道 35m
東北 35m
北陸 30m
瞬間風速30m以上は、何かにつかまっていないと、立っていられないほどの風です。
車を運転する際も、通常の速度で運転するのが困難になるほどです。
それほどの風が吹くおそれがあります。
また、上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込みます。
雪が降るのは北海道だけではなさそうです。

山陰なども雪

天気の傾向を詳しく。
午後は関東の雨はやむ見込みです。関東のみなさんは電車やバスに傘を置き忘れないよう気を付けて下さい。
東北や北陸は雨が降ったりやんだりが続くでしょう。
お帰りの時間になっても、東北や北陸は雨。北海道は雪が降るでしょう。山陰や四国、九州北部も雨で、山陰は雪になる所もあるでしょう。
夜も同じような傾向が続きます。
北海道は雪が降るエリアが広がる見込みです。そして九州北部、山陰、近畿の山沿いでも、
雪が降る所があるでしょう。
(図は、オレンジが晴れ、青が雨、白が雪、グレーがくもりを表しています。)

峠越えは冬の装備で

午前6時現在の積雪です。
北海道だけでなく、関東北部も積雪があります。群馬県の草津では12センチも積もっています。車の運転には十分な注意が必要です。
札幌は午前6時現在34センチの積雪。きのうよりもやや減ってきてはいますが、今夜また増えそうです。
あすの朝までに予想される雪の量は、いずれも多いところで
北海道は40センチ
東北から九州北部にかけて、山地を中心に5センチから20センチです。
峠越えをする際は、車は冬の装備にしておきましょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック