関東 あすからヒンヤリ 厚手の上着を

tenki.jp

関東・甲信地方の22日、23日の予想気温 (14:52)tenki.jp

関東・甲信地方の22日、23日の予想気温 (14:52)tenki.jp
3連休初日の関東は晴れて快適に。日曜日は曇り空で昼間も肌寒く、月曜日は冷たい雨が降るでしょう。また、来週後半は晴れてもグッと寒くなりそう。厚手の上着を用意して。

日曜日と月曜日は厚手の上着を

きょう21日(土)の関東地方は広く晴れて日差しがたっぷり。気温は20度前後まで上がって、ひと月前の陽気となりました。
あす22日(日)は一転、曇り空に。雨を降らせるほど、雲に厚みはないものの、気温はきょうほど上がらず、最高気温は15度前後の予想。日差しが少ないうえに北東の風が吹いて、肌寒く感じられそうです。
あさって23日(月)、勤労感謝の日は、次第に雲が厚みを増していきます。昼ごろから次第に雨が降り出して、気温が下がり、冷たい雨となるでしょう。きょうは軽装で過ごした方も、あす・あさっての昼間は厚手の上着とストールなどがあった方がよさそうです。

来週後半はグッと寒くなる

連休明けの24日(火)は晴れ間が出て、比較的過ごしやすい陽気が戻りますが、25日(水)以降、ポカポカ陽気はおあずけに。特に次の週末は冬型の気圧配置が強まる予想です。晴れても最高気温は15度に届かない所が多く、空気がかなり冷たく感じられるでしょう。冬型ということは、関東では北よりの風が強まりますので、来週末のお出かけは、これまでより厚手の上着や、風を通しにくい素材の上着を用意した方がよさそうです。

11月の気温の推移をグラフで見てみよう

ところで、関東地方では今年の11月は気温が平年より高めに経過しています。
下のグラフは都心の11月の最高気温・最低気温の平年値と、これまでの観測値、この先の予想を示しています。最高気温・最低気温ともに、観測値の方が平年値より高い日が圧倒的に多くなっていることが見てとれます。特に最低気温(黄緑のグラフ)は、11月上旬に平年を下回って以来、ずっと平年より高い値で、11月としては暖かい朝が続いています。
都心の11月下旬の平年値は、最高気温は14度前後、最低気温は6度前後です。この先、最高気温はようやく平年並みの日が多くなり、この時期本来の寒さとなるでしょう。最低気温は平年より高めの状態が続きますが、それでも久しぶりに10度を下回って、一桁の日が増えてきそうです。
これまでが暖かかっただけに、急な気温の低下は体にこたえそうです。うっかり薄着で出かけて体を冷やさないよう、お気をつけください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック