12月並みの寒気 このあと北日本へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

12月並みの寒気 このあと北日本へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

24日(土曜日)は二十四節気の『霜降』。秋が一段と深まり、朝晩の冷え込みが厳しくなる頃と言われています。25日(日曜日)にかけては北日本へ12月並みの寒気が流れ込みますので、朝晩だけでなく日中も寒さ対策が必要になりそうです。

実際の気温より低く感じられそう

25日(日曜日)は、広い範囲で北または西よりの冷たい風が強まるでしょう。
晴れても、きょうほど気温の上がらない所が多い見込みです。
冷たい風の影響で、実際の気温より体感温度は低くなるでしょう。お出かけの際は風を通しにくい上着があると安心です。特に北海道は、このあと大荒れの天気に警戒が必要ですが、季節先取りの寒さにも要注意です。
北海道の内陸を中心にグングン気温は下がり、あすは日中も一桁の気温にとどまる所が多いでしょう。
札幌や旭川、函館、室蘭の気温は、今シーズン初めて一日を通して10度に届かない見込みです。
昼間も手袋やマフラーが必要な寒さでしょう。季節先取りの寒さで体調を崩さないよう、暖かい服装でお過ごしください。

路面状況の変化に注意

北海道や東北北部では雪が降る寒さとなるでしょう。北海道では平地でもうっすらと雪の積もる所がある見込みです。
朝晩だけでなく、日中も氷が張るような寒さの所がありますので、濡れた路面の凍結にも十分注意してください。
峠越えなどされるドライバーの方は積雪や凍結による路面状況の変化に対応できる車の冬装備が必要になりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい