北に寒気 本州は秋 南は台風 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北に寒気 本州は秋 南は台風

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

北海道の上空には寒気が入り、札幌の手稲山で初冠雪。14日にかけて、日本海側を中心に平地で雪の積もる所も。本州付近は秋の乾いた高気圧に覆われます。日本のはるか南に目を向けると熱帯育ちの雲のかたまりがあります。

北海道は平地で積雪も

北海道の上空には寒気が流れ込んでおり、13日、火曜日は札幌の「手稲山」で初冠雪を観測しました。
14日の朝にかけて北海道の上空5500メートル付近には12月並みの寒気が流れ込みます。
このため、北海道では日本海側を中心に平地でも雪が降り、積もる所があるでしょう。
特に、峠や山間部ではしっかりと積もる所がある見込みです。
14日にかけて路面状況の変化にご注意下さい。
車を冬の装備にしていない場合は、公共交通機関を使うなど無理のないようになさって下さい。
また、大気の状態が不安定なため、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要です。
今回の寒気は一時的に冬をもたらしますが、長く居座ることはなさそうです。
寒気は14日の午後からは次第に抜けるでしょう。
15日、木曜日以降は北海道の日本海側も晴れ間の広がる日が多くなりそうです。

本州は秋の空気

本州付近は14日水曜日も大陸育ちの乾いた空気を持つ高気圧に覆われるでしょう。
東北北部は寒気の影響で、雲が広がりやすいものの、東北南部から九州はカラっと秋晴れが続く見込みです。
日中は過ごしやすい陽気ですが、空気が乾燥しています。
また、朝晩はグッと冷えて、一日の気温の変化が大きくなるでしょう。
乾燥や気温差で、風邪をひかないようお気をつけ下さい。
今後の気温の変化は下記リンク「深まる秋 14日朝は強い冷え込み」も参考になさって下さい。

日本の南には熱帯育ちの雲

日本のはるか南の海上に目を向けると、白く目立つ雲のかたまりが2つあります。
台風24号と熱帯低気圧の雲です。
今後、熱帯低気圧も台風に発達する見込みで、二つの台風の動きに注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい