連休明け 北海道は雪が降る寒さ

2015/10/12 21:30

13日火曜から北海道の上空に11月中旬並みの寒気が南下。14日水曜にかけて、北海道の平地でも積雪。15日木曜頃まで全国的に一段と冷えそう。晴天が続く関東から西も、朝晩と日中との気温差に要注意。

北海道 昼間もしっかり厚手の上着で 13日からは、北海道の上空に11月中旬並みの強い寒気が入ってきます。 これは北海道の平地でも雪を降らせるほどの寒気で、14日にかけては、北海道の日本海側を中心に、平地でも今シーズン初めて積雪となりそうです。 北海道の予想気温を見てみますと…
13日火曜の最高気温は、札幌で12度と11月上旬並み、旭川は11度と10月下旬並みの予想です。 この後、14日にかけては、気温がグンと下がり、北海道は、この秋1番の冷え込みになりそうです。 14日水曜の最低気温は、札幌は5度、旭川は3度まで下がるでしょう。 北海道は日本海側を中心に、平地でも、雪の積もる所もありそうですので、路面が凍結する恐れがあります。 峠越えなどされる方は、なるべく早く、タイヤ交換などしておいた方が安心です。 ストーブなど、暖房器具を使い始める際には、点検も忘れずに行って下さい。 詳しくは、戸田気象予報士の記事「季節先取りの寒気 北海道 平地で雪も」をご覧下さい。 仙台 連日最低気温が10度以下 秋が深まる 寒気の影響を受けるのは、北海道だけではありません。 15日にかけては、全国的に気温の変化に注意が必要です。 仙台は、14日水曜と15日木曜は、最低気温が9度の予想です。 いよいよ『最低気温が10度以下』という日が続くようになりますので、東北の街中でも紅葉の色づきが進みそうです。
関東から西 朝晩と日中との気温差大 関東から西では、しばらく晴れるので、昼間は秋のさわやかな陽気ですが、こちらも朝晩は今までよりも一段と冷えてきます。 冷える理由は2つ。 ❶北海道に雪をもたらす寒気 ❷晴れの天気が続くことによって、放射冷却が強まるから 良く晴れた夜ほど、雲が少ないため、地面近くで温められた空気が、空の高い所へ逃げていきます。 ちゃんと布団をかけて寝ないと、体の熱が奪われてしまうのと、同じことです。 このため、特に気を付けなければならないのが、朝晩と日中との気温差です。 長野は、15日木曜の最低気温は6度⇒最高気温は20度と、その差は14度、 宇都宮と水戸では、15日木曜の最低気温は8度⇒最高気温は21度と、その差は13度の予想です。 特に、15日木曜は気温がグンと下がり、東京都心も、木曜の朝は、この秋1番ヒンヤリしそうです。 今までよりも厚手の布団を用意するなど、体調を崩さないよう、ご注意下さい。

あわせて読みたい

  • 深まる秋 14日朝は強い冷え込み

    深まる秋 14日朝は強い冷え込み

    tenki.jp

    10/13

    立冬 関東から北は暦通りの寒さ

    立冬 関東から北は暦通りの寒さ

    tenki.jp

    11/7

  • 最高気温 札幌や旭川は4日ぶりの二桁 那覇は4日ぶりに夏日から解放

    最高気温 札幌や旭川は4日ぶりの二桁 那覇は4日ぶりに夏日から解放

    tenki.jp

    11/18

    水曜は気温差大 木曜は熊本も大雨注意

    水曜は気温差大 木曜は熊本も大雨注意

    tenki.jp

    4/19

  • 師走の寒気 木曜朝さらに冷える 今季一番

    師走の寒気 木曜朝さらに冷える 今季一番

    tenki.jp

    10/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す