九州南部や奄美、沖縄は低温に注意

tenki.jp
九州南部、奄美、沖縄では、10月6日(火)頃からの1週間、気温が平年よりかなり低くなる見込みです。九州南部や奄美、沖縄は、10月6日(火)頃からの1週間、気温が平年よりかなり低くなる確率が30%以上と見込まれます。
このため、鹿児島地方気象台や沖縄気象台は「低温に関する異常天候早期警戒情報」を発表しています。
農作物の管理などにご注意ください。
なお、九州南部や奄美、沖縄ではここ5日間の平均気温は平年より高い所が多くなっていますが、10月6日頃からは気温が平年よりかなり低くなる見込みです。
気温の変動が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。
※「異常天候早期警戒情報」とは
異常天候早期警戒情報は、情報発表日の5日後から14日後までを対象として、7日間平均気温が「かなり高い」もしくは「かなり低い」となる確率が30%以上、または7日間降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます。 .
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック