寒候期予報 今年の冬は暖冬か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒候期予報 今年の冬は暖冬か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
北日本:北海道、東北 東日本:関東、北陸、東海 西日本:近畿~九州

北日本:北海道、東北 東日本:関東、北陸、東海 西日本:近畿~九州

気象庁は25日、寒候期予報を発表しました。東・西日本と沖縄・奄美は平年に比べ気温が高い見込みで、暖冬となりそうです。12月から2月の気温と降水量、降雪量の見通しに関する速報です。・冬の間はエルニーニョ現象が続く見込みです。
・偏西風が日本の東で北へ蛇行するため、東・西日本と沖縄・奄美は、寒気の流れ込みが弱く、南からの暖かく湿った空気が流れ込みやすいでしょう。
・東・西日本では、冬型の気圧配置が長続きしない見込みです。低気圧や前線の影響を受けやすいでしょう。

冬(12月~2月)の天候

●気温
北日本は平年並み、東・西日本と沖縄・奄美は高いでしょう。
●降水量
東・西日本太平洋側と沖縄・奄美は多い、東日本日本海側は平年並みか少ない、西日本日本海側は平年並みか多い見込みです。
●降雪量 ※北海道と本州の日本海側のみの予想
北日本日本海側は平年並み、東日本日本海側は少ない、西日本日本海側は平年並みか少ないでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい