このあとも 北海道東部は大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

このあとも 北海道東部は大雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

19日(土曜日)の日中は日差しの届いた所が多い一方、北海道は東部を中心に広く雨。このあとも激しい雨や大雨に注意・警戒が必要です。

今後、台風20号の影響は

台風20号は次第に小笠原諸島から離れる見込みですが、夕方にかけて風は非常に強く、海は大しけでしょう。
小笠原諸島で非常に激しい雨の恐れはなくなりましたが、これまでの雨で地盤が緩んでいる所もありますので、少しの雨でも引き続き土砂災害には警戒してください。
また、20日(日曜日)にかけても本州の太平洋沿岸ではうねりを伴って波の高い海域がある見込みです。海岸付近ではうねりを伴う高波に引き続きご注意ください。
一方、北海道付近は低気圧や前線を含む気圧の谷の中で、大気の状態が不安定になっています。
このあとも太平洋側東部を中心に雨雲がかかり、雨量の多くなる所があるでしょう。

北海道では激しい雨や雷雨の恐れ

北海道では釧路地方などで1時間に20ミリ以上のどしゃぶりの雨となっており、15時までの24時間で降った雨の量は太平洋側の所々で100ミリを超えています。
このあとも東部を中心にカミナリを伴って激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。
20日(日曜日)の朝6時までの24時間で降る雨の量は、いずれも多い所で
太平洋側    120ミリ
オホーツク海側 100ミリ  に達する見込みです。
1時間に30ミリ以上の雨が降り、あっという間に道路が川のようになってしまう恐れもありますので、車の運転をされる際は交通情報もこまめにご確認ください。
また、寝ているような時間帯にも、どんどん雨量が増える恐れもあります。低い土地や急な斜面の近くにお住まいの方は自治体から発表される情報に注意し、安全を確保するようになさってください。
十勝地方には既に大雨警報の発表されている所があります。夜にかけて大雨による土砂災害に警戒し、危険な場所には近づかないようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい