関東 次第に雨脚強まる 雨のピークは 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 次第に雨脚強まる 雨のピークは

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

九州から東海は広く雨雲がかかっています。関東もこのあとは雨の範囲が広がるでしょう。明日の関東は広く雨で、所々で雨脚が強まる見込みです。来週前半は台風20号の動きにも注意が必要です。

関東の雨のピークは明日の午後

前線が本州の南に延びています。
午後3時現在は、九州から東海にかけて、広く雨が降っています。
このあとは関東も雨の範囲が広がるでしょう。
今夜いっぱいは降っても雨脚の強まることはなさそうです。
明日は関東南部、北部ともに断続的に雨が降り、午後は所々で雨脚が強まる見込みです。
土砂降りの雨となる所もあるでしょう。
雨の降り方にお気をつけ下さい。
雨が降る上に、北よりの風が吹いて、気温はあまり上がらないでしょう。
最高気温は20度を少し上回るくらいで、薄着ではヒンヤリしそうです。
雨にぬれて、体を冷やさないようお気をつけ下さい。
雨雲の動きは比較的ゆっくりなため、金曜日の午前中にかけて雨が続く見込みです。
先日の記録的な大雨ほどではないですが、雨量の多くなる所があるでしょう。
特に茨城、栃木の豪雨被害のあった地域では注意が必要です。
鬼怒川流域の浸水している地域では、浸水している範囲が広がる恐れがあります。

台風20号の影響は?

マリアナ諸島近海には台風20号があって、西よりに進んでいます。
台風20号は明日以降、小笠原近海に進む予想です。
土曜日から日曜日にかけて小笠原諸島では大荒れの天気となる恐れがあります。
その後、予報円の中心を進むと、日本の東を離れて北上し、本州への直接的な影響はなさそうです。
ただ、予報円がまだ大きく、進路の予想に幅があります。
予報円の西側を進むと、来週前半は本州も影響を受ける恐れがありますので、最新の台風情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい