水曜から雨脚強まる所も 連休の天気は

tenki.jp

 (14:16)tenki.jp

 (14:16)tenki.jp
16日から17日は西・東日本で雨量が増え、豪雨被害の茨城も本降りか。18日から19日は北日本で荒れた天気の恐れ。台風発生の動きもあり、シルバーウィークの予報も詳しく。

16日から17日 九州から関東で雨脚強まる

16日水曜は、西から雨雲が広がるでしょう。九州や四国は朝から雨で、太平洋側ではカミナリを伴って、局地的に雨の降り方が強まりそうです。
午前中の雨の予想は、下記の通り。これが夜になると、関東まで所々で雨が降りだしそうです。関東から西では、お出かけの時に降っていなくても、雨具があると安心です。
雨の降り方に注意が必要な地域は、16日は九州や四国。17日は、活発な雨雲が東へ進むので、関東も本降りの雨になりそうです。関東北部では、今のところ先週ほどの大雨は予想されていませんが、あの時以来のまとまった雨になるでしょう。
噴火や大雨で、特に天気が気になるのは、こちら。
【阿蘇山の天気は】
阿蘇山のある熊本県も、16日朝から断続的に雨が降るでしょう。阿蘇山(中岳)の上空およそ1500メートルの風は、15日21時には南東の風8メートルの予想です。今夜から風も強まりそうです。
【関東の雨は】
関東の雨の降りだしは、16日の夕方以降となりそうです。16日は、まだ雨の降り方は弱い見込みですが、17日の午後は、本降りの所もあるでしょう。雨の降り方に、十分ご注意下さい。

18日から19日 北日本で荒天か

そして今週後半は、北日本で荒れた天気に注意が必要です。
18日から19日は、上空に寒気を伴った低気圧が、北日本に近づくでしょう。北日本では、大気の状態が不安定になる恐れがあります。シルバーウィークを先取りして、18日金曜や19日土曜から北日本にお出かけの方は、交通機関の乱れなどに、十分お気を付け下さい。

20日からの連休 東京はぐずついた天気

20日日曜以降は、21日月曜「敬老の日」、22日火曜「国民の休日」、23日水曜「秋分の日」と、連休という方も大勢いらっしゃるはず。『行楽の秋』を満喫するには、天気が気になります。
20日以降の予報です。
【北海道・東北】
20日まで雨の残る所があるでしょう。21日以降は、日本海側ほど晴れ間が出ますが、太平洋側は雨が降りやすくなりそうです。
【関東】
連休中は、曇りや雨が続くでしょう。傘マークのない日も、沿岸部ほど雨雲がかかりやすくなりそうです。
【近畿から九州・沖縄】
連休中は、日差しの降り注ぐ所が多いでしょう。ただ、気温が低めなので、昼間も羽織る物があると良さそうです。

南の海には台風のたまご

一方、南の海に目を向けますと…
マリアナ諸島付近で、雲がまとまっています。この雲が、今後、台風に発達する恐れがあり、もし、台風になって日本に近づくと、シルバーウィークの天気が大きく変わる可能性もあります。
お出かけの際は、最新の天気予報をチェックして下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック