阿蘇山が噴火 入山規制へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

阿蘇山が噴火 入山規制へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#火山

阿蘇山噴火の様子 9時25分頃から噴煙が上がっていることがわかります

阿蘇山噴火の様子 9時25分頃から噴煙が上がっていることがわかります

14日午前9時43分、阿蘇山が噴火しました。福岡管区気象台は、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、警戒を呼びかけています。

阿蘇山 中岳第一火口で噴火 今後も警戒を

福岡管区気象台によると、14日午前9時43分、阿蘇山の中岳第一火口で噴火が発生。
噴火に伴い、火口から弾丸を描いて飛散する大きな噴石を確認。
噴煙は火口縁上2000mまで上がったとしています。
今後、阿蘇山では、今回と同じくらいの規模の噴火が発生し、大きな噴石が火口から1km以上に飛散する可能性があります。
このため、阿蘇山に出されていた噴火警報を、レベル「2」から「3」に引き上げました。

噴火警戒レベル「3」とは?

居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生、または発生されると予想されます。
「登山禁止」や「入山規制」など、危険な地域への立ち入り規制が必要です。
また、状況に応じて災害時要援護者への避難準備なども必要とされます。

警戒すべきことは?

熊本県阿蘇市、高森町、南阿蘇村では、火口周辺で入山規制などの警戒を。
また、火口から約2kmの範囲では、噴火に伴って飛散する大きな噴石や火砕流に警戒をしてください。
また、風下側では、火山灰や小さな噴石にも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい