大雨被害地域 引き続き洪水など警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大雨被害地域 引き続き洪水など警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#豪雨
警報・注意報(クリックすると最新の情報をみられます)

警報・注意報(クリックすると最新の情報をみられます)

大雨特別警報が出された栃木・茨城の両県には、12日午前8時現在も「洪水警報」が発表されています。関東では、12日も山沿いで雨の可能性が。少しの雨でも災害が起こりやすくなっています。警戒を続けてください。

現在も警報発表中 天気回復も油断はできず

大雨特別警報が発表され、大雨によって甚大な被害を受けた栃木県・茨城県・宮城県。
特別警報は11日夜までに解除されましたが、12日午前8時現在も栃木・茨城の両県には「洪水警報」が発表されています(上の図)。
大きな河川の場合、上流の水が下流まで流れてくるのには、時間がかかります。
このため、雨がやんでも、まだ油断はできないのです。
さらに、12日の夕方以降は関東北部の山沿いで、にわか雨が予想されています(下の図)。
雨量が多くなることはない見込みですが、これまでの大雨で川の水位が上がっていたり、地盤が緩んでいる所では、少しの雨でも災害につながる恐れがあります。
午前8時の段階では、栃木や茨城では12日夜遅くまで、警戒が必要とされています。
また、宮城県は警報は解除されましたが、現在も「洪水注意報」が発表されている地域があります。
警報や注意報は随時変わりますので、最新の情報を確認するようにしてください。
(上の画像をクリックすると、最新の警報・注意報を見ることができます)

日差しが暑い!熱中症に注意を

12日の最高気温は、栃木県(宇都宮)で29度、茨城県(水戸)と宮城県(仙台)で27度の予想。
いずれも平年並みか少し高く、昼間は日差しが暑く感じられそうです。
土曜日ということで、災害復旧のボランティア活動に出かける方もいらっしゃるかもしれません。
作業中は長袖・長ズボンでヘルメットや帽子をかぶることが多く、熱が体にこもりやすくなります。
水分や休憩をとることを心がけ、熱中症にならないようお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい