氾濫した鬼怒川周辺を衛星が観測

豪雨

2015/09/11 16:31

11日も鬼怒川の氾濫が続いています。NASAの地球観測衛星Terraや気象衛星ひまわり8号も被害のあった地域を観測しています。
関東地方では、これまでの大雨により、河川の水位の高い所があります。特に茨城県の鬼怒川流域では、氾濫が発生し、危険な状態となっている所があります。
このあとも引き続き河川の増水や氾濫に警戒が必要です。茨城県の常総市やその周辺の市町村には洪水警報が継続中です。

あわせて読みたい

  • 新気象衛星「ひまわり8号」運用開始しています

    新気象衛星「ひまわり8号」運用開始しています

    tenki.jp

    7/12

    次期衛星ひまわり8号が見た口永良部島

    次期衛星ひまわり8号が見た口永良部島

    tenki.jp

    5/29

  • 茨城県 大雨特別警報が解除されました

    茨城県 大雨特別警報が解除されました

    tenki.jp

    9/11

    鬼怒川で、はん濫発生

    鬼怒川で、はん濫発生

    tenki.jp

    9/10

  • 記録的大雨 関東~東北は厳重警戒を

    記録的大雨 関東~東北は厳重警戒を

    tenki.jp

    9/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す