台風から遠くても 東京都心に大雨警報

tenki.jp
台風18号は日本海の海上へと達しましたが、台風から離れている東京都心にも活発な雨雲がかかっています。23区にも大雨警報が発表されました。土砂災害に厳重な警戒が必要です。

台風は日本海へ 関東は大雨続く

9日午後2時現在、台風18号は石川県小松市付近を通過し、日本海の海上に達しました。
一方、台風から離れた関東地方には、湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定に。
このため、広い範囲に活発な雨雲がかかっています。
関東地方では雨が続いており、神奈川県箱根では、降り始めからの雨量が約400ミリに。
東京都心でも、降り始めからの雨量が200ミリを超えました。
これは、平年の9月1か月分の雨量に匹敵する量。それだけの雨が、わずか3日で降ったことになります。

関東など 引き続き大雨による災害に警戒

午後2時30分現在、東京23区・多摩地方を含め、関東地方の広い範囲に大雨警報が発表されています。
また、これまでの雨で地盤の緩んでいる所もあり、午後2時30分現在、東京都・神奈川県・山梨県・長野県・埼玉県・群馬県・栃木県・山形県には「土砂災害警戒情報」が発表されています。
土砂災害に厳重な警戒を続けてください。
また、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも警戒が必要です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック