台風18号 愛知県知多半島に上陸

tenki.jp
台風18号は9日午前10時過ぎに、愛知県知多半島に上陸しました。台風18号は9日午前10時過ぎに、愛知県知多半島に上陸しました。 台風は今後も北上を続け、東海、近畿、北陸地方を通過する可能性が高く、今夜には日本海で温帯低気圧に変わる見込みです。 今回の台風は、接近前から大雨になっているのが特徴です。9日午前9時までの72時間降水量は、浜松市で統計開始以来最大となる380ミリを超えるなど、東海地方を中心にすでに記録的な大雨になっています。 このあとも、近畿から東北にかけて、土砂災害や川の増水やはん濫、低い土地の浸水、暴風、高波に警戒が必要です。 10日午前6時までの24時間に予想される降水量(多い所) 関東甲信地方300ミリ 東海地方250ミリ 東北地方200ミリ 中国・近畿・北陸地方150ミリ 伊豆諸島120ミリ 台風が日本海に達してからも湿った空気の流れ込みが続くため、今夜以降も関東や東北を中心に大雨に警戒が必要です。 11日6時までの24時間に予想される降水量(多い所) 関東、東北地方100から150ミリ 土砂災害や川の増水、はん濫、低い土地の浸水、道路の冠水などに、厳重に警戒してください。 発達した積乱雲が近づく際は、竜巻などの激しい突風や落雷などにも注意が必要です。
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック