台風と前線の影響 8日から雨強まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風と前線の影響 8日から雨強まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

台風18号の予想進路(クリックすると最新の予想進路が見られます)

台風18号の予想進路(クリックすると最新の予想進路が見られます)

本州の南岸に秋雨前線が停滞。その南では、台風18号が北上中。前線に向かって台風から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定に。8日火曜から雨が強まる所もあるため、注意が必要です。

8日 近畿・山陰~東北で広く雨

上の画像は、7日午後5時現在の雲の様子。本州の南岸には、秋雨前線に伴う雲がのびています。
その南側には、台風18号に伴うまとまった雨雲が見られます。
8日火曜は、秋雨前線は引き続き本州の南岸に停滞する見込み。
近畿や山陰地方から東北にかけての広い範囲で雨が降るでしょう。
いったん止んでも、またザッと降り出すことがあります。
出かける時に雨が降っていなくても、傘を忘れずにお持ちください。
また、前線に向かって台風からの暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。
このため、台風本体の雨雲が近づく前から、局地的に雨が強まる見込み。
東海地方の沿岸部など、前線に比較的近い地域で、
バケツをひっくり返したような激しい雨が降るおそれがあります。
落雷や竜巻などの突風にも注意が必要です。

9日 東海地方を中心に大雨に警戒

台風18号は、予報円の中心を進んだ場合、9日水曜には東海地方に上陸のおそれ。
東海地方を中心に、近畿から関東にかけても大雨となる可能性があります。
特に警戒が必要なのは、東または南東に開けた斜面。
こうした所に湿った空気が流れ込むと、雨雲が次々と発生・発達します。
台風が接近・上陸する前から雨が降り続き、雨量が多くなるおそれもあるため、注意が必要です。
吉田予報士の記事(下のリンク「台風18号 速度あげて 9日に上陸へ」)にもあるように、
今回の台風は「発生してから上陸までの時間が短い」ことが特徴のひとつに挙げられます。
雨がまだ本降りにならないうちに、家の周りの再点検をしたり、窓や雨戸を補強するなど、
早めの対策を心がけましょう。
下のリンク「台風を知る」「万が一に備えて」も確認して、備えを万全になさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい