台風18号 速度あげて 9日に上陸へ

tenki.jp
台風18号は9日水曜に西日本や東海に上陸へ。台風周辺の湿った空気で、近畿から関東を中心に大雨の恐れがあります。台風の発生からあまり時間がないままに近づくため、早めの対策を。 台風18号 西日本や東海に上陸の恐れ 台風18号は、今日の未明に日本の南で発生しました。 台風18号は今後も北上を続け、9日水曜に西日本や東海にかなり接近または上陸の恐れがあります。 今回の台風は発生からあまり時間がないままに本州付近へ近づいてきますので、早めの台風対策が必要です。 台風18号は、現在、暴風域を伴っておらず、強風域も比較的コンパクトです。 今後も急激に勢力を強めることはない見込みですが、台風周辺の湿った空気が日本列島にたくさん流れ込むため、広く大雨となる恐れがあります。 大雨の恐れ 突風にも注意を 明日は東海から関東を中心に雨が降り、雨脚が強まるでしょう。 雨量の多くなる所もある見込みです。 9日水曜から10日木曜にかけては四国~東北南部にかけて広く雨が降り、大雨となる恐れがあります。 特に近畿~関東にかけての太平洋側を中心に雨量が多くなるでしょう。 台風18号の接近が予想される四国~東海では風も強まり、荒れた天気となる恐れがあります 大雨や強風により交通機関に影響のでる可能性もありますので、交通情報にも注意が必要です。 また、10日木曜頃にかけては発達した積乱雲が所々に流れ込むでしょう。 昨夜、千葉県で突風の被害がありましたが、今後も竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。 なお、台風の進路や速度はまだ幅がありますので、最新の台風情報にご注意下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック