九州から東海は激しい雨に警戒

tenki.jp

 (08:46)tenki.jp

 (08:46)tenki.jp
今朝は、九州や中国地方では雨が強まっており、鹿児島市の喜入中名町では午前6時23分までの1時間に83ミリの猛烈な雨が降りました。九州では昼前にかけて、雷を伴い非常に激しい雨の恐れがあります。大雨による土砂災害や低い土地の浸水などに警戒してください。

湿った空気が流れ込み、大気の状態は不安定

きょうは前線が華中から四国沖にのびており、低気圧は九州の西海上を東に進んでいます。
あすの7日にかけて、前線は本州南岸から日本の東にのびる見込みです。
低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

九州から東海は所々で激しい雨

九州から東海は雨や雷雨で、特に九州では非常に激しく降る恐れがあるでしょう。
激しい雨の降る時間帯は、西日本では夜の始め頃にかけて、
東日本では太平洋側を中心に、昼過ぎから明日の昼前にかけてです。
あすの朝までに予想される雨量は
九州南部、近畿、東海で150ミリ
九州北部、四国で120ミリ
奄美地方で100ミリとなっています。
大雨による災害に警戒が必要です。落雷や突風にも注意して下さい。
関東は、北部で昼前から雨の降りだす所があり、夕方以降は広い範囲で雨になるでしょう。
夜は本降りとなってきそうです。
北陸も昼ごろから雨が降り出す見込みです。
家を出るときに雨が降っていなくても雨具をお忘れないようにして下さい。
東北の太平洋側は雨が降ったりやんだりするでしょう。
日本海側も昼過ぎは一時的に雨が降る見込みです。
北海道は日本海側は午前中晴れますが、午後は次第に曇るでしょう。
夕方以降は雨の降る所があるでしょう。
沖縄は夜は雨となり、激しく降る所もある見込みです。

関東から西はムシムシ、東北や北海道は涼しい

最高気温は九州から東北は昨日より低い所が多いでしょう。
福岡は28度、大阪と東京は27度で、蒸し暑くなる見込みです。
長野は23度で、9月下旬並みの涼しさとなり、
仙台は22度で、ヒンヤリするでしょう。
雨に濡れて体調を崩さないようにお気を付け下さい。
晴れる札幌は23度で、爽やかでしょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック