秋物の服の出番は? この秋の気温予想 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

秋物の服の出番は? この秋の気温予想

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今年は秋雨の訪れが早いですが、秋雨の後は秋の深まりはゆっくりで、暖かな秋となりそうです。25日発表の3か月予報から、この秋の天気と気温の予想を見ていきましょう。

9月~11月の気温と降水量

●気温
9月は平年並み、10月は平年並みか高い、11月は高い所が多いでしょう。
●降水量
9月は平年並み、10月は平年並みか少ない所が多く、11月は太平洋側で多い見込みです。
では、月ごとの天気の傾向です。

9月 秋雨前線の訪れ早い

今年は秋雨前線が南に下がるのが早いことが特徴です。9月の前半を中心に天気がぐずつく所が多いでしょう。
●北海道・東北・北陸
低気圧や前線の影響を受けにくく、平年より晴れの日が多いでしょう。雨の量は平年並みか少ない見込みです。
●関東・東海
平年と同様に雨の量が多い見込みです。9月後半は、数日ごとに天気が変わるでしょう。
●近畿・中国・四国・九州
雲が広がりやすく、平年に比べ晴れる日が少ないでしょう。平年より雨の量が多くなる見込みです。9月後半は秋晴れの日が増えるでしょう。
●沖縄
平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

10月 秋晴れ多い

秋雨の終わりが早く、秋晴れの日が多いでしょう。秋の澄み渡った青空を満喫できそうです。天気は周期的に変わり、朝晩は冷え込む日もあるでしょう。
●北海道~東海・北陸
晴れの日は平年と同じか多く、気温は平年並みか高い見込みです。
●近畿~沖縄
平年よりも晴れの日が多く、気温はほぼ平年並みでしょう。雨の量は平年並みか少ない見込みです。

11月 冬の訪れはゆっくり

湿った空気の影響を受けやすいため、太平洋側を中心に曇りや雨の日が多いでしょう。また、寒気の影響を受けにくく、木枯らしの吹く日は少ない見込みです。
●北海道~九州の太平洋側、沖縄
平年に比べ、晴れの日が少ないでしょう。
●北海道と本州の日本海側
平年と同様に、曇りや雨または雪の日が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい