台風 25日上陸か 離れた地域も警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風 25日上陸か 離れた地域も警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
24日午後5時ごろの台風15号

24日午後5時ごろの台風15号

台風15号の予想進路(クリックすると最新の情報が見られます)

台風15号の予想進路(クリックすると最新の情報が見られます)

非常に強い台風15号は、勢力を維持したまま北上する見込み。25日朝には、九州にかなり接近・上陸のおそれ。台風に近い九州はもちろんのこと、四国・中国~東海でも警戒が必要です。

非常に強い台風15号 勢力を維持したまま北上

上の画像は、24日午後5時ごろの台風15号の様子。台風は円形を保ち、勢力を維持していることがわかります。今後は九州の西の海上を北上する見込み。海水温が比較的高いことから、台風はすぐには衰えず、暴風域を伴ったまま九州に接近・上陸する可能性が高まっています。

猛烈な風・しけ 屋外での行動は危険

九州では25日未明から、猛烈な風が吹く見込みです。走行中のトラックが横転し、樹木や電柱、街灯などが倒れることもある風です。屋外での行動は極めて危険ですので、不要な外出は控えましょう。
波も高くなっています。九州では9メートルを上回る猛烈なしけ、四国や中国は6メートルを上回る大しけが予想されています。うねりを伴っており、かなり危険です。海岸にはなるべく近づかないようにしてください。
また、西日本では台風の接近に伴い潮位が高くなりそうです。海岸や河口付近では、浸水や冠水にも注意が必要です。

九州から東海 広く大雨に警戒を

台風の北上に伴い、暖かく湿った空気が流れ込むため、広い範囲で大雨となるでしょう。台風に近い九州や中国・四国だけでなく、台風から離れている近畿や東海でも警戒が必要です。特に太平洋側の南に開けた地域では、雨量が多くなる見込み。四国では、局地的に息苦しさを感じるほどの猛烈な雨となりそうです。
また、暖かく湿った空気はカミナリ雲を発生させることもあります。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。真っ黒な雲が近づいてきたり、急に冷たい風が吹いてきたりしたら、安全な建物の中に避難しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい