強い台風15号 各地の警戒期間 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強い台風15号 各地の警戒期間

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

台風15号は24日(月)は沖縄本島地方や奄美地方に接近し、その後、九州に接近する恐れがあります。台風周辺の湿った空気が流れ込むため、広く大雨の恐れも。各地の警戒期間をまとめました。

台風15号 沖縄本島地方や九州に接近の恐れ

台風15号は沖縄の先島諸島を暴風域に巻き込みながら北上しています。
24日(月)には沖縄本島地方や奄美地方に接近し、その後、25日(火)に九州に接近する恐れがあります。

広く大雨に警戒を

【先島諸島】
24日(月)の明け方まで暴風に警戒が必要です。
走行中のトラックが横転してしまうほどの猛烈な風が吹く恐れもあります。
海上は猛烈なしけとなっていますので、海岸付近には近づかないで下さい。
【本島地方・奄美】
24日(月)は暴風や大雨に警戒が必要です。
朝から暴風が吹き荒れ、1時間に60ミリの滝のような雨の降る恐れもあります。
海上は猛烈なしけが続きますので高波に厳重に警戒して下さい。
【九州】
24日(月)は次第に風が強まりはじめ、25日(火)には何かにつかまっていないと倒れてしまうくらいの非常に強い風が吹くでしょう。
24日(月)の午後には雨が降り始め、夜にはカミナリを伴った非常に激しい雨の降る所もある見込みです。
25日(火)には台風本体の活発な雨雲がかかり、大雨となる恐れがあります。
25日(火)の通勤・通学の足に大きく影響を与えそうです。
【中国地方】
25日(火)は風が強まり、非常に強い風が吹く所もあるでしょう。
断続的に雨も降り、荒れた天気になる見込みです。
交通機関への影響にも注意が必要です。
【四国・近畿・東海】
25日(火)は台風周辺の湿った空気が流れ込み、断続的に雨が降るでしょう。
太平洋側を中心に雨脚が強まり、雨量が多くなる恐れがあります。
四国や近畿・東海は三重県を中心に大雨に警戒をして下さい。
25日(火)には風も強まり、横なぐりの雨の所もあるでしょう。
26(水)にかけて、雨が続き、さらに雨量が増える見込みです。
なお、台風の進路によっては警戒が必要な期間が変わる可能性があります。
今後も最新の情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい