9月もまだ厳しい残暑 1か月予報

tenki.jp
来週にかけて台風15号の動きに警戒を。再来週は再び厳しい残暑に。その先も季節の進みは比較的ゆっくりになりそうです。この先1か月の天気と気温の傾向をまとめました。【1週目(~8月28日)】台風に警戒を
台風15号の影響で、沖縄はこの土日は大荒れの天気。
来週前半は九州~近畿も台風の影響を受ける恐れがあります。
(詳しくは下記リンク「ノロノロ台風15号 来週にかけ影響大」を参考になさって下さい。)
東海や関東、北陸、東北も湿った空気の影響を受けて、曇りや雨の日が多くなりそうです。
北海道は晴れ間のでる日が多いでしょう。
気温は九州から関東は平年並みか高く、厳しい残暑となる日もありそうです。
一方、東北や北海道は平年より低いでしょう。
北海道では朝晩を中心にヒンヤリする日もありそうです。
沖縄は平年並みか低い見込みです。
【2週目(8月29日~9月4日)】残暑厳しく
沖縄や九州から近畿、北陸は高気圧に覆われて、晴れる日が多いでしょう。
東海や関東、東北、北海道は天気は数日の周期で変わりそうです。
気温は九州から関東は平年より高く、厳しい残暑が予想されます。
まだ、秋物より、薄手の服が活躍しそうです。
東北や北海道は平年並みでしょう。
沖縄や奄美は平年並みか低く、暑さは控えめとなりそうです。
【3~4週目(9月5日~18日)】季節の進みゆっくり
高気圧に覆われる日が多く、秋雨前線の影響は少ないでしょう。
全国的に秋晴れの日が多くなりそうです。
気温は九州から北海道にかけて平年並みか高く、季節の進みはゆっくりとなるでしょう。
沖縄や奄美は平年並みの見込みです。
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック