局地的な非常に激しい雨に注意

tenki.jp


九州北部(山口県も含む)は猛烈な雨のおそれ

きょうの日本列島は広い範囲で大気の状態が非常に不安定です。全国的に雨の降り方に十分な注意が必要です。きょうはあちらこちらで、滝のように降るおそれがあります。前線や低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込んでおり、日本列島は、雨雲が発達しやすい状況となっています。
九州北部(山口県も含む)は、昼前にかけて、猛烈な雨が降るおそれがあります。猛烈な雨とは、息苦しさを感じるほどの危険な降り方です。
また、近畿は午前を中心に、東海は夕方にかけて、関東は今夜遅くにかけて、局地的に非常に激しい雨が降りそうです。東北はきょう夕方からあすにかけて、非常に激しく降る所があるでしょう。

落雷、突風、低い土地の浸水、土砂災害など注意

発達した雨雲がかかるようなところは、あわせて落雷や、竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。特に、ご自身の地域に、竜巻注意情報が発表されている場合は、頑丈な建物の中で安全を確保するように心がけてください。
雨量も多くなりそうです。
あす午前6時までの24時間で、九州や近畿、東海から関東、東北にかけて、多いところでは100ミリから150ミリの雨が予想されています。
低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水などにも注意・警戒が必要です。

きょうは濡れても大丈夫な服装で

非常に激しい雨は、滝のような降り方で、傘が全く役にたたないほどです。風も強まりますので、横殴りの雨となる所もあるでしょう。
きょうは、丈夫な傘だけでなく、レインブーツやレインコートなどを用意した方が良いでしょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック