広く雨 近畿~関東も激しい雨に注意

tenki.jp
近畿~関東と北海道で激しい雨の降るおそれがあります。13日木曜日、激しい雨の範囲は東へ移ります。また、北海道は引き続き大気の状態が不安定です。前線を伴った低気圧(元は台風13号から変わったもの)が東へ進みます。雨の材料、湿った空気をたっぷりと持っています。近畿~関東では局地的に激しい雨が降り、大雨になる所もあるでしょう。
また、上空の冷たい空気の動きは遅く、北海道は引き続き大気の状態が不安定です。12日は十勝地方で局地的に猛烈な雨が降りました。13日も雨の降り方にお気を付けください。
雨の降り方によっては、交通に影響が出るおそれもあります。時間に余裕を持ってお出かけください。●九州、中国、四国
昼ごろから晴れ間が出るでしょう。ただ、雨の降りやすい状態が続きそうです。雨が上がっても、念のため傘をお持ちください。
●近畿、東海、北陸
断続的に雨が降るでしょう。朝から辺り一面に水たまりができるくらいの雨が降るでしょう。落雷や竜巻などの突風にもお気を付けください。
●関東
早い所は朝から雨が降り出すでしょう。日中はザーザー降りの雨となり、午後は傘を差しても濡れるくらいの雨になる見込みです。雷が鳴ったり、突風が吹くおそれもあります。
●東北、北海道
東北は前線の北上に伴って、夕方から夜に雨が降るでしょう。北海道は午後を中心に、局地的にバケツをひっくり返したような雨が降る見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水にご注意ください。 雨の日は、下記リンク「豪雨レーダー」を活用してみましょう。雨雲が抜けるタイミングや、雨脚の弱まる時間をキャッチできるため便利です。
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック