猛暑収まるも 残暑厳しく 1か月予報

tenki.jp
今日も広く猛暑となっていますが、週末は次第に極端な暑さは収まりそうです。ただ、このまま暑さが収まっていく訳ではなさそうです。この先1か月の天気と暑さの特徴をお伝えします。【1週目(~8月14日)】猛暑もお盆休み ・広く夏空と猛暑をもたらしている太平洋高気圧は次第に弱まるでしょう。 西日本(九州~近畿)や東日本(関東・東海・北陸)は晴れ間のでる日が多いですが、湿った空気が入って、ギラギラとした日差しが抑えられる日もありそうです。 北日本(東北・北海道)は雲が広がりやすく、雨の降る日もあるでしょう。 沖縄は明日は台風13号の影響を受けますが、来週は晴れる日が多くなる見込みです。 ・これまでのような極端な暑さは少し収まり、猛暑日になる所もグッと少なくなるでしょう。 西日本や東日本、北日本の気温は平年並みに戻りそうです。 一方、沖縄や奄美は平年より気温が高く、うだるような暑さでしょう。 【2週目(8月15日~8月21日)】衰えぬ暑さ ・西日本は晴れる日が多いですが、気圧の谷の影響で雨の降る日もあるでしょう。 東日本や沖縄、奄美は太平洋高気圧に覆われて、平年に比べて晴れる日が多い見込みです。 北日本は数日の周期で天気が変わるでしょう。 ・気温は東日本や北日本、沖縄や奄美は平年並みか高く、お盆休み明けも暑さが厳しいでしょう。 【3週目(8月22日~9月4日)】残暑厳しく ・広く太平洋高気圧に覆われるでしょう。 北日本では天気は数日の周期で変わりますが、東日本と西日本では平年同様に晴れる日が多い見込みです。 ・全国的に気温は高い予想で、夏休み終盤から9月に入っても厳しい残暑となりそうです。

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック