夏本番の天気傾向 秋の訪れは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏本番の天気傾向 秋の訪れは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

広い範囲で梅雨明けが発表され、いよいよ夏本番。8月の天気と暑さはどうなるのでしょう?そして、秋の訪れは?先週発表された3か月予報をもとに、まとめました。8月~10月の3か月の天気傾向を見てみると、気温は全国的にほぼ平年並みの予想。降水量もほぼ平年並みですが、沖縄や奄美は晴れる日が多く、平年より少ない見込みです。
では、月ごとの詳しい天気傾向を見ていきましょう。

8月 夏空広がる所多い 上旬は暑さに注意

8月は太平洋高気圧に覆われて、夏空の広がる所が多いでしょう。気温は平年並みの予想ですが、関東甲信・東海・東北南部には「異常天候早期警戒情報」が発表されています。8月1日からの1週間、気温が平年よりかなり高くなりそうです。一年で最も気温の高い時期ですから、熱中症には警戒してください。
北海道や東北、北陸では、低気圧や前線の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多いでしょう。

9月 厳しい残暑はない見込み

9月は、関東~中国・四国では、天気は数日の周期で変わるでしょう。徐々に秋らしい天気となりそうです。北海道や東北、沖縄・奄美は、晴れる日が多い見込みです。気温は全国的にほぼ平年並み。今のところの予想では、極端に厳しい残暑はなさそうです。

10月 全国的に晴れの日多い

10月は晴れる日が多い見込み。近畿~九州・沖縄の気温は平年並みの予想で、さわやかな秋空が広がる日が多くなりそう。一方、関東甲信や東海・北陸は平年より高い見込みで、まだ少し汗ばむ日があるかもしれません。北海道や東北も平年より高いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい